HOME > 研修会 > 研修会詳細

研修会

2012年度「次世代産業としての自動車産業育成を地域で考える」研修のご案内

 
  新興国市場が拡大し、現地ニーズにあった現地生産の比重が高まり、円高が進む中で、従来からの地域産業だけでは、地域経済の維持が難しくなっています。例えば、わが国のリーディング産業の一つで、裾野が広く地域の中小企業等が多く関連している自動車産業は、環境対応の電気自動車等の市場が拡大する中で、従来型の取り組みだけでは厳しい状況です。
 持続可能な地域経済の発展には、地域における次世代産業への取り組みが一案です。そこで今回の研修は、地域産業活性化を担う人材を対象に、次世代産業として自動車産業に注目し、地域でどのように育成していくかについて考える力を養って頂くことを目的とします。ワークショップやパネルディスカッションから多様な考え方を学び、各種知識を習得し、受講生の皆様でグループディスカッションを通して考える力とアクションプラン作り等に取り組んで頂きます。
1. 開催日時: 前期 2012年8月 9日(木)13:00~20:50
後期 2012年8月29日(水)10:30~17:20
2. 開催会場: 東京大学産学連携本部会議室2(本郷キャンパス)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 産学連携プラザ
http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/jp/contact/index.html
(前期・後期とも同じ)
3. 主催: 財団法人日本立地センター
4. 協力: 東京大学産学連携本部
5. プログラム: 2012年8月9日(木) ◆前期課程◆
13:00~13:20
 開講式・オリエンテーション
 東京大学先端科学技術研究センター・産学連携本部副本部長
 渡部俊也 教授
13:20~17:30
 ワークショップ:次世代産業としての自動車産業育成を地域で考える
 コーディネータ:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也教授
 (1)次世代産業の育成とSmart Mobility City
   九州大学理事・副学長(財務、産官学社会連携、情報政策担当)
   安浦 寛人 先生
 (2)次世代産業としての自動車産業の動向
   元トヨタ自動車、東京大学生産技術研究所
   先進モビリティ研究センター 田中敏久客員教授
(休憩 10分)
 (3)欧州自動車産業の発展と国際標準に学ぶ
   -次世代産業としての自動車産業育成について-
   兵庫県立大学経営学部 立本 博文 准教授
 (4)次世代産業としての自動車産業育成への地域
   日本立地センター立地総合研究所 主任研究員 林聖子
17:40~19:10
 グループディスカッション:
 次世代産業としての自動車産業育成を地域で考える
 講師:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也教授
19:20~20:50
 情報交換会(自己PR他)

2012年8月29日(水) ◆後期課程◆
(アドバイザリーによるパネルディスカッション、
 グループプレゼンテーション、まとめ他)

10:30~12:30
 パネルディスカッション:
 次世代産業としての自動車産業育成を地域で考える
 モデレーター:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也教授
 アドバイザリー:
 (1)地域におけるITS研究と普及
   北海道大学大学院情報科学研究科・
   産学連携本部副本部長 山本強教授
 (2)カーメーカー
   広島県立総合技術研究所長    
   (前マツダ車両開発本部主幹、元技術研究所所長) 松岡孟氏
 (3)次世代自動車T1
   多摩川精機株式会社 代表取締役社長 萩本範文氏
 (4)元トヨタ自動車
   東京大学生産技術研究所
   先進モビリティ研究センター 田中敏久客員教授
12:30~13:00
 昼食
13:00~14:00
 グループディスカッション
 講師:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也教授
14:00~16:00
 グループ別プレゼンテーション&アドバイザリーからの講評
 (1)地域におけるITS研究と普及
   北海道大学大学院情報科学研究科・
   産学連携本部副本部長 山本強教授
 (2)カーメーカー
   広島県立総合技術研究所長    
   (前マツダ車両開発本部主幹、元技術研究所所長) 松岡孟氏
 (3)次世代自動車T1
   多摩川精機株式会社 代表取締役社長 萩本範文氏
 (4)元トヨタ自動車
   東京大学生産技術研究所
   先進モビリティ研究センター 田中敏久客員教授
 (5)VC
   株式会社東京大学エッジキャピタル
   代表取締役社長 郷治友孝氏
16:10~17:10
 総括、評価
17:10~17:20
 閉講式

★講義内容や講師・アドバイザリー等が変更になる可能性もございます。
 ご了承下さい。

プログラムは下記からダウンロード出来ます。
 → 2012年プログラム(PDF)   
6. 対象及び定員:
対象:地方公共団体、公設試、
    産業支援機関等の地域産業振興担当者
定員:30名(定員になり次第締め切ります)
前期・後期とも同じ方が受講してください
7. 参加費:
15,000円(実費、テキスト代等)
8. お申し込み方法: 参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、
FAXもしくはメールでお申し込みください。
FAX:03-3518-8970  
メール:jinzai2012@jilc.or.jp

申込書  Excel版    PDF版

または下記ページのフォームからお申し込みください。
【申込フォーム】 
http://www.jilc.or.jp/training/2012/jinzaikenshu/request.html

申込書着後、事務局よりメール等で受付確認のご連絡を致します。
※定員等の関係で参加をお受けできない場合は、申込書着後、
  早急にご連絡させていただきます。
申込期限:8月1日(水)
9. 参加費の
お支払いについて:
参加費につきましては、下記銀行の口座にお振り込みをお願い致します。
(当日ご持参いただいても結構です)

〈ご注意〉
一旦納入された会費は、理由の如何によらず返却できかねますので、
ご了承ください。
また、宿泊費・交通費は、参加費に含まれておりません。宿泊先・交通機関等は、お手数ですが各自でご手配くださいますようお願い致します。

振込銀行: 三菱東京UFJ銀行 東京公務部 普通預金口座 №0030071
        口座名義:財団法人 日本立地センター
10. お問い合せ: (財)日本立地センター 立地総合研究所 関東地域政策研究センター
林(研修内容)、二ノ宮(事務手続き)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11
東京YWCA会館8階
TEL:03-3518-8967 FAX:03-3518-8970
メール:jinzai2012@jilc.or.jp