HOME > 研修会 > 過去の研修会 > 平成22年度の研修会詳細

研修会

「産学連携コーディネート力育成研修」開催のご案内



「グローバルに展開する次世代自動車(電気自動車等)産業への
産学連携による地域産業での対応方策」を検討します

 
 本研修では、グローバルに急速展開している次世代自動車(EV 等)産業への移行に伴い、地域産業でどのように対応していけばよいかを、産学連携の視点で考えていただきます。地域産業での対応に際しては、産学連携が必要と考えられ、いかにコーディネートしていけばよいかを、ワークショップやパネルディスカッション等での講師やアドバイザリーの先生からの講演・問題提起・情報提供等と、グループディスカッション・プレゼンテーション・講評等を通して、受講生それぞれのポジショニングで考えていただきます。聴講だけではなく、参加型の研修です。
 東京大学生産技術研究所ITS センターにおける次世代自動車関連の最先端研究の中から、ドライビングシュミレーター等の見学ができます。
 今発展段階にある、新しい産業に対して、地域の産学官でいかに地域産業構造を勘案しながら、スピーディに、対応していくかは重要な検討課題です。


1.研修日程
前期課程:2010年 8月 6日(金) 13:00~21:00
後期課程:2010年 8月27日(金) 10:00~17:10

2.会場
東京大学先端科学技術研究センター(駒場リサーチキャンパス)
 4号館2階講堂
東京都目黒区駒場4-6-1
(場所 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/index.html

3.主催、共催
主  催:財団法人日本立地センター
共  催:東京大学先端科学技術研究センター

4.研修内容
研修委員長:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授 

研修概要
 受講生の皆様の産学連携コーディネート力育成のために、
 「グローバルに展開する次世代自動車(電気自動車= EV 等)
 産業への産学連携による地域産業での対応方策」を検討する
 ことを課題とし、成功事例・問題提起・グループディスカッション
 等から、自ら何をすべきかに気づき、考え戦略を立て、行動に
 結びつける体験をしていただきます。
 前期課程
  (1)ワークショップ
   「産学連携によるグローバルなイノベーション成功シナリオを学ぶ」

    コーディネータ:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授
    講師:九州大学理事・副学長 安浦寛人 先生
    講師:東北大学大学院工学研究科 堀切川 一男 教授 *講師変更
  (2)グループディスカッション-問題提起:
   「グローバルに展開する次世代自動車(電気自動車=EV 等)産業への
    産学連携による地域産業での対応」

    講師:東京大学知的資産経営総括寄付講座 小川 紘一 特任教授
  (3)グループディスカッション:    
   「グローバルに展開する次世代自動車(EV 等)産業への産学連携による
    地域産業での対応」

    講師:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授

 前期と後期の間
    課題について個別学習とバーチャルでのグループディスカッションを
    継続して行い、後期プレゼンへの準備をします。

 後期課程
  (1)グループディスカッション
   講師:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授
  (2)グループ別プレゼンテーション&アドバイザリーからの講評
   トータルアドバイザー:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授
   アドバイザリー:
    東京大学生産技術研究所先進モビリティ研究センター 田中敏久 客員教授
    神奈川県環境農政局環境部交通環境課長 山口健太郎 氏
    北海道大学大学院情報科学研究科 山本強 教授 *講師変更
    東京大学TLO(CASTI) 代表取締役社長 山本貴史 氏
    北海道立工業技術センター企画事業部部長 吉野博之 氏   
  (3)東大生産技術研究所ITS センターにおける次世代自動車(EV)関連
     研究及び設備等の見学

   東京大学生産研究所ITS センター(センター長 須田義大教授)の
   ご協力により、ドライビングシュミレーター(須田研究室)やAR・MR技術
   (池内克史教授研究室)等の見学を行います。
    拡張現実感(AR: Augmented Reality)・複合現実感(MR: Mixed Reality)とは、
   コンピュータが作り出した文字、画像、映像などの情報(CG: Computer Graphics)
   を、現実世界に重ね合わせる技術です。AR・MR 技術は仮想現実感(VR:Virtual
   Reality)をさらに発展させたもので、現実世界にCG を合成することでユーザの
   作業支援や情報提供を行う
   ことを目的としています。医療・映画・建築・不動産・広告・ゲームなど、様々な
   産業分野での応用が期待されるものです。
    現在、観光ITS として奈良平城京、青森三内丸山、長崎・五島キリスト教会等で
   実験をしており、移動にEV を使うことにより、新たな産業の創出が期待されてい
   ます。                     
ドライビングシュミレータ
出典:東京大学生産技術研究所須田研究室
 
 
  (4)パネルディスカッション:
    グローバルに展開する次世代自動車(EV 等)産業への産学連携による
    地域産業での対応

    情報提供1.次世代自動車産業(EV) への地域産業対応戦略
    情報提供2.地方公共団体におけるEV の普及戦略

     モデレーター:東京大学先端科学技術研究センター 渡部俊也 教授
     プレゼンテーター&パネリスト:
      東京大学生産技術研究所先進モビリティ研究センター 田中敏久 客員教授
      神奈川県環境農政局環境部交通環境課長 山口健太郎 氏
     パネリスト
      北海道大学大学院情報科学研究科 山本強 教授 *講師変更
      東京大学TLO(CASTI) 代表取締役社長 山本貴史 氏
      北海道立工業技術センター企画事業部部長 吉野博之 氏   

5.参加対象
 (前期課程と後期課程ともに同一人物が受講してください)

  (1)地方公共団体職員
    (産学連携担当、次世代自動車産業担当、自動車産業担当、地域知財担当等)
  (2)公設試研究員
  (3)大学産学連携・知財関係教職員
  (4)産業支援機関・NPO 等職員
    (産学連携担当、次世代自動車産業担当、自動車産業担当、地域知財担当等)
  (5)企業・金融機関
    (産学連携担当、次世代自動車産業担当、自動車産業担当、地域知財担当等) 
6.参加費について
 (1)当センター賛助会員、大学関係者  ¥25,000<実費(テキスト等)>
 (2)上記(1)に該当されない方        ¥35,000<実費(テキスト等)>
   ※参加費には宿泊費・交通費は含まれておりません。宿泊先・交通機関への
    手配は各自でお願いいたします。
   ※賛助会員は、「全国イノベーション推進機関ネットワーク」「テクノポリス債務
    保証基金」など当センターが関わる他の組織の会員とは異なりますので
    ご注意ください。

7.お申し込みについて 
 下記申込書の項目をメール又はFAXにてお申し込みください。
  申し込み用紙はこちら  WORD形式 PDF形式
  申 込 期 限2010年7月23日(金)まで

8.お問い合わせ先
 財団法人日本立地センター立地総合研究所
 林  聖子(研修内容)
 二ノ宮 薫(事務手続き)     
  〒105-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館8階
  TEL 03-3518-8967 FAX 03-3518-8970

 詳細はパンフレットをご覧下さい  パンフレット(PDF)
 (内容に一部変更があります。
  前期の山本先生と後期の堀切川先生が逆になりました。)



この事業は、競輪の補助金を受けて
実施するものです。
http://ringring-keirin.jp/
↑このページのトップへ