HOME >東京大学 地域未来社会連携研究機構と連携協定を締結

本財団は、国立大学法人東京大学地域未来社会連携研究機構(機構長:松原宏、以下「機構」という。)と、地域経済社会の発展に寄与することを目的として、平成30年4月1日に連携協定を締結しました。


機構は、学内10部局と学外9機関との連携により、地域の課題に応える文理融合型・フィールドワーク重視の新たな研究拠点として、平成30年4月1日に設置されました。「研究」「人材育成・交流」「地域連携」の3機能を有し、地域の自然や文化、経済社会に関する専門知識と地域分析の専門的技能を持った人材を育成し、地域との連携強化に取り組んでいくことを目的としています。

本協定により、本財団は、新たな地域の知の構築を目指す機構との連携および協力を通じ、地域経済社会の発展に寄与してまいります。

主な連携内容は以下のとおりです。
 1.シンポジウムやワークショップ、共同研究等を通じた、地域の諸課題に応える地域研究の推進
 2.大学内横断型教育プログラムの提供等を通じた、地域の課題に応えるプロフェッショナル人材の
   育成・交流
 3.「地域未来投資促進法」等の国や自治体の各種事業との連携を通じた、地域経済の発展への
   貢献

本財団は、「産業立地、地域産業の振興を通じ、個性と調和に満ちた豊かな地域社会を実現する。」という理念のもと、地域の再活性化および自立的な発展に積極的に貢献してまいります。


【お問い合わせ先】
総務部企画室  電話番号 03-3518-8967
kaninomiya@jilc.or.jp