HOME >「原子力発電所の安全対策に関するセミナーin 美浜」のご案内

申込み 2030年、2050年に向けた日本のエネルギー政策
「原子力発電所の安全対策に関するセミナー in 美浜」のご案内
(令和元年度地域等情報交流事業)
                 

 
 2018年7月、日本のエネルギー政策の基本的方向性を示す「第五次エネルギー基本計画」が閣議決定されました。そこでは、「3E+S」の原則のもと、安定的で国民の負担が少なく環境に適合したエネルギー需給構造を実現するための取り組みが示されています。具体的には、2050年に温室効果ガスを80%削減するという高い目標を達成するため、再エネの主力電源化等を進めるなど脱炭素化に向けエネルギー転換を進める一方で、原子力発電は安全を最優先に進め、新規制基準のもと、安全・安心を確保するよう最大限の努力が積み重ねられています。
 そして若狭地域では、高浜1、2号機に続き美浜3号機が原子力規制委員会より40年超運転の認可を受けております。
 本セミナーでは、原子力発電所の安全対策、原子力発電所の40年超運転延長などについて専門家を交えた講演を通じて、皆様と一緒に考えていきたいと思います。
 
1. 開催日時: 令和元年11月23日(土・祝)13:30~16:00(開場13:00)
2. 開催会場: 海のホテルひろせ コンベンションホール
(福井県三方郡美浜町久々子2-5-2)
TEL:0770-32-0001
https://hotel-hirose.jp/?page_id=12
3. プログラム: 第1部 
 13:30~13:35 開会挨拶
 13:35~13:55 関西電力株式会社 美浜発電所の安全対策に関する説明

 13:55~14:00 休憩

第2部 
 14:00~14:10 主催者挨拶
 14:10~15:30 「原子力発電所の40年超運転延長に関するセミナー」
            <講演>「原子力発電所も若返ります。
                 -原子力発電所はリニューアルプラント」
            <講師>北海道大学名誉教授
                東京工業大学科学技術創成研究院
                先導原子力研究所特任教授(保全工学)
                工学博士 奈良林 直 氏
 15:30~16:00 質疑応答
4. 主催: 第1部:福井県原子力平和利用協議会美浜支部
第2部:経済産業省資源エネルギー庁
5. 定員: 150名程度 (定員になり次第締め切らせていただきます)
6. お申し込み: 下記メールフォームからお申し込みください。
後日事務局より参加票をお送りします。
http://www.jilc.or.jp/application/application.php?id=tsuruga1029_moushikomi

メールフォームが作動しない場合(申込完了画面が出ない場合)は下記参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX、E-mailにてお申込み下さい。

申込書    (PDF)

※なお、電話でのお申し込みは受け付けておりませんのでご了承ください。
(送付先)
セミナー事務局
(一財)日本立地センター 大川、瀬川
Fax:03-3518-8970
Eメール: enepajilc.or.jp
(迷惑メール対策のため「@」を画像で表示しています。
 メール送信時には「@」を半角@に変えていただきますよう
 お願い申し上げます。)
申込締切 11月18日(月)

<セミナーに関するお問い合わせ>
Tel:03-3518-8965(平日9:30~17:30))